家事セラピストは、生活の経験を活かして、
人や地域の暮らしの課題解決をする人材です。

どんな仕事をする?

1.“困った”を相談できる身近な存在

日々の暮らしには、片づけや引っ越し、子どもの進学、親の介護など、
さまざまな“困った”があります。
家事セラピストは、そんな暮らしの“困った”を相談できる
身近な“人生の先輩”です。

2.その時その場に応じた解決法の提供

暮らしは日々、変化していきます。
暮らしの中で求められる答えは、
家族の状況や暮らしている場所などに関わっていて、
唯一の正解はありません。
家事セラピストは、その人のその時その場に応じた解決法を
提供することを目指しています。

3.その人の暮らしに寄り添う存在

人生もまた、刻々と変化していきます。
一生の節目節目で出合う“困った”を相談できるのは、
その道の専門家というよりも
その人のこれまでと現在を知り、
ともにこれからを考えてくれる存在です。
家事セラピストは、一回きりのおつき合いではなく、
長いおつき合いでその人の人生に寄り添います。

どんな人が向いている?

1.子育てが一段落して、もう一度働きたいと考えている人

2.今までの仕事や生活の経験を活かして、次の自分の生き方・働き方を作りたい人

3.次世代のため、次の地域社会のために何かしたい人

4.仕事において、お客さまに対して暮らしの相談や提案をできるようになりたい人

どうしたらなれる?

2級家事セラピスト養成講座は、半年のコースで4月・10月に開講します。

家事セラピスト養成講座について