家出塾2015@浅草

3月14日-15日、毎年恒例、毎日小学生新聞さんとの共催による家出塾を開催しました。
昨年までは、茅ケ崎で開催していた家出塾ですが、今年は家事塾の新拠点である「浅草」で開催です。

一人暮らしをする日のことをとても楽しみにしている子、想像がつかず不安に感じている子、それぞれ考えをもったお子さんたちが集まり、家出塾は始まりました。
ほとんどが、初対面の子どもたち。最初の自己紹介では少し緊張している様子もみられましたが、あっという間に仲良しになりました。

家事塾オリジナルカードゲーム「家を出る日のために」は、知らない言葉や、少し難しい内容もあったけれど、一生懸命考えて取り組んでくれました。「つかれた~」を合図に、お茶とおやつを食べて、浅草の街へ出発です!!

浅草商店連合会さんのご協力のもと、浅草の街でいろいろな体験をさせていただきました。
普段、接する機会のない大人の人たちと過ごした時間を子どもたちはどのように感じたのでしょうか。

大人になるって?家を出るって?
大人も子どもも一緒に楽しんだ2日間で、なにか感じること、気づいたことがあったらうれしいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です