家出塾2015@浅草

3月14日-15日、毎年恒例、毎日小学生新聞さんとの共催による家出塾を開催しました。
昨年までは、茅ケ崎で開催していた家出塾ですが、今年は家事塾の新拠点である「浅草」で開催です。

一人暮らしをする日のことをとても楽しみにしている子、想像がつかず不安に感じている子、それぞれ考えをもったお子さんたちが集まり、家出塾は始まりました。
ほとんどが、初対面の子どもたち。最初の自己紹介では少し緊張している様子もみられましたが、あっという間に仲良しになりました。

家事塾オリジナルカードゲーム「家を出る日のために」は、知らない言葉や、少し難しい内容もあったけれど、一生懸命考えて取り組んでくれました。「つかれた~」を合図に、お茶とおやつを食べて、浅草の街へ出発です!!

浅草商店連合会さんのご協力のもと、浅草の街でいろいろな体験をさせていただきました。
普段、接する機会のない大人の人たちと過ごした時間を子どもたちはどのように感じたのでしょうか。

大人になるって?家を出るって?
大人も子どもも一緒に楽しんだ2日間で、なにか感じること、気づいたことがあったらうれしいです。

家出塾2014@茅ヶ崎館のスライドショー

家出塾in茅ヶ崎館

3月8,9日は家出塾でした! 中学生は素直でもあり、一癖も二癖もあり。5年生は一所懸命で。さて、何が彼らに伝わったのか。

 

《家出塾でどんなことをするの? ~共食の作法》

 皆さんは、家出塾で学ぶ「食事のマナー」というとどんなことを思いうかべるでしょうか?きれいな箸使いで、焼き魚を美しく食べること?
配膳や後片づけ?…
料理のうんちく?

正解は、「共食」の作法です。

誰かとともに食卓を囲むとき、皆が気持ちよくいられる場であるように、言葉だけでないふるまいや配慮にはどんなことがあるだろう?
…そんなことを考えます。

皆さんなら、何を挙げますか?

★家出塾2014は、今週金曜日(28日)が締切です。迷っている方、お急ぎください~。お待ちしています。
http://kajijuku.com/course/index.html#04

《家出塾でどんなことをするの? ~おむすび作り》

 最近は衛生上の指導があってか、ラップを使ってくるりとご飯を包む「ラップおにぎり」が浸透していますが、家出塾では素手で握ります。

「手塩にかける、っていう言葉知ってる?」
「おむすびとおにぎりって、どう違うでしょう」…
そんな、スタッフの意味ありげな問いかけも耳に入らないほど、現場はワーキャー大騒ぎ(笑)。

手をしっかり湿らせないと、ごはんって「手にくっつく」んだ!と両手が米粒だらけになっていたり、、たっぷり一膳分あるはずのご飯が、小さく小さく握り固められて「これだけ?」と愕然とする場面あり。塩味のつけかたもさまざまです。

ぐぅぐぅおなかを鳴らしながら作った力作は、さてどんな味を思い出に残すでしょうか。

★家出塾2014、来週金曜が締切です。ご応募は家事塾ホームページ(http://kajijuku.com/)まで。

写真: 《家出塾でどんなことをするの? ~おむすび作り》

最近は衛生上の指導があってか、ラップを使ってくるりとご飯を包む「ラップおにぎり」が浸透していますが、家出塾では素手で握ります。

「手塩にかける、っていう言葉知ってる?」
「おむすびとおにぎりって、どう違うでしょう」
そんな、スタッフの意味ありげな問いかけも耳に入らないほど、現場はワーキャー大騒ぎ(笑)。

手をしっかり湿らせないと、ごはんって「手にくっつく」んだ!と両手が米粒だらけになっていたり、、たっぷり一膳分あるはずのご飯が、小さく小さく握り固められて「これだけ?」と愕然とする場面あり。塩味のつけかたもさまざまです。

ぐぅぐぅおなかを鳴らしながら作った力作は、さてどんな味を思い出に残すでしょうか。

★家出塾2014、来週金曜が締切です。ご応募は家事塾ホームページ(http://kajijuku.com/)まで。