家事とは、生きること
家事とは、人とつながること
家事とは、次の世代に手渡す文化

いま、日本という国では、物や情報はあふれるほど豊かでありながら、
一人ひとりが、自分をたいせつにし、周囲の人たちとつながりをもって
豊かに「生きる力」は失われているように見えます。

子どもも大人も、シニアも、誰もが「生きる力」を取り戻して、
日々の暮らしが「私は私でよかったのだ」と思えるものになってほしい。
そのためには、あたりまえの日々の「家事」を実践することが、
たいせつなのだと家事塾は考えています。

家事塾の「家のコトは生きるコト」というメッセージは、
そんな私たちの願いです。