11月26日(月)、日比谷図書館文化館にて家事セラピスト総会を開催しました。
平日にもかかわらず、会場に足を運んだくださった皆様、
また、出欠はがきやメールにて励ましや近況をお知らせいただいた皆様、
本当ありがとうございました。

任意団体として家事塾が発足したのが2008年です。
10年後の今年、辰巳先生の急逝はいまだ信じられないことです。
辰巳先生が残してくださったモノ、コト、記憶をもとに、
これからは家事セラピストみんなで家事塾を盛り上げていくために、
皆様にはあらゆる場面でご協力をお願いすることとなると思います。
なにとぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、今年は大切なご報告がございます。
辰巳さんは、2018年春より、2級、1級の資格制度の構成を変えようと
12期より、講座カリキュラムを変更しておりました。
大きな変更点は「2級資格でも家事塾の片づけ講座を実施できるように」とのことでした。
詳細は、以下の資料にまとめてございます。ご覧くださいませ。

【配布物】
家事セラピスト資格制度変更のお知らせ

【ギャラリー】
①辰巳さんを偲ぶ

ゼロ期から12期までのみなさんが集まりました。
それぞれの皆さんに辰巳さんとの出会いがあり、ストーリーがあり、
各々が辰巳さんからのメッセージを受け取っていました。
その思い出を共有していただきました。

②12期生認定式

この秋、11名の新しい2級家事セラピストが誕生しました。
4回目の講座の6日後、辰巳さんの訃報に不安な気持ちを抱えられたと思います。
代講による講座にご理解とご協力をいただいての修了となりました。
当日は先輩セラピストの皆さんと交流して自信が持てたのではと思います。
こらからは、一緒に辰巳さんの言葉を伝えてまいりましょう。

③カードゲーム

子どもの自立、若者の自立を「具体的に考える」ためのカードゲーム。
その思いがこれまでの、そしてこれからの家事塾の原動力のひとつです。
短い時間でしたが、カードゲームの質問に私たちも答えてみました。
実際に学校や、大学生に対する講座では、その意義に対する手ごたえを感じておられるようです。
ファシリテーションのための勉強会など、みんなで実施していけるといいですね。

④(株)生活の学校

株式会社生活の学校の野上社長からも、今後の展望をお知らせしました。
家事セラピストという資格が社会で活躍できるよう、
多方面の方々や企業との協業ができるように、奔走しています。
この秋には、茅ケ崎にオープンした学習塾「クレオスクエア」で、家事セラピストの職能を必要としていただき、塾のお母さん的存在「クレオマム」として、事業をご一緒しています。
ご興味のあるは見学も可能です。詳細は、こちらのページ をどうぞ。

あたたかな時間を共有できましたこと、本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。