対面型講座を再開するにあたりまして、下記のよう3密を避けた形で、安全で快適に公開講座をご受講いただけるよう、準備・工夫をしながら講座運営を行っております。

《受講生へのお願い》
感染防止対応として下記ご協力をお願いします。

●マスクを着用して参加
講座に参加する場合は各自マスクを持参、講座中は着用をお願いします。
●開催当日は体温を計測
開催日当日は各自検温をし、37.5度以上の発熱、喉の痛み、咳、強い倦怠感などの症状がみられる場合は無理せず、参加を中止してください。
●講座開始前、講座終了後は手洗い・消毒をおこなう
開催場所へ入室する際、退出する際は手洗い・消毒をおこなうようにしてください。
●《講座開催における感染リスク対策》をお読みになり、同意の上お申し込みください。不明点がある場合は、事務局までお問い合わせください。

《家事塾の講座開催における感染リスク対策》
感染防止対応として下記実施いたします。換気の方法などは、使用する会場のガイドラインを考慮して行います。

●除菌グッズの用意
アルコール消毒液、ジェル、除菌シート、石鹸など参加者が入室時に各自消毒できるようにします。
●開催前に会場を消毒
開催前に参加者が利用するテーブルや道具を清掃・消毒します。
●講師・スタッフはマスクを常時着用
講義中、講師はマスクを常時着用します。状況によりフェイスシールドを着用する場合があります。
●ソーシャルディスタンスの確保
参加人数を通常開催時の半分とし、参加者、講師との間隔を開ける、正面に座らないなど感染リスクを軽減する対策を実施します。
●定期的に空気の入れ替えを行う
定期的に換気などをして空気の入れ替えをおこないます。
●受講生同士で道具は共有を避ける
参加者同士で道具を共有しないようにします。